目を酷使するネット社会

視力検査

高齢化するにつれて身体機能同様に目の毛様体筋も衰えてきますが、最近のネット社会でパソコンや携帯端末を利用する機会の増えている多くの人に老眼が増えています。そこで、老眼を予防するトレーニングをしてこの老化現象を遅らせる方法が注目です。

詳しく見る

目の酷使に気をつけよう

女性

仕組みを知ることも大事

老眼になりたくないのなら予防しましょう。目の酷使によって老眼になりやすくなるので、なるべく目を休ませることが大事です。これが予防となります。ただし、多くの人は仕事でスマートフォンやパソコンを日常的に使わなくてはならないこともあるでしょう。このような人は、いくら老眼の予防に務めたくてもそう簡単にはできません。それなら、目を休ませる時間を決めればいいのです。どんな会社にも休憩時間が設けられています。休憩時間は一切、スマートフォンもパソコンも使わないようにしましょう。遠くを見たり目をつぶったりするだけでもかなり目を休ませることができます。ところが、休憩時間こそスマートフォンを使うという人も少なくありません。プライベートのSNSやメールなどをチェックするために利用する人もいます。それなら、家に帰ったら一切スマートフォンを使わないというように、使う時間を決めるべきです。こんなふうに工夫をすることが大切です。また、老眼の予防に務めるのなら、その仕組みを知っておきましょう。目を酷使することで老眼になりやすいのは、瞬きの回数が減ってしまうからです。一点を凝視することが多くなると、目が焦点を合わせるために力を酷使してしまうのです。なるべく凝視することは避けましょう。あとは健康的な生活を送ることも大事です。栄養バランスの良い食事を摂ったり、適度な運動をしたりして血流を促すようにしましょう。もちろん十分な睡眠も必要です。

初期ではどんな感じなのか

目

老眼になった場合、最初は認めたくはないという気持ちが大きくなるでしょう。予防をする方法も確立されているわけではないので、困ってしまいます。眼科を受診して早期に対応をするということも出来るようになっています。

詳しく見る

文字が見えづらい時

中年女性

加齢による老眼は予防することが可能ですから、普段から生活習慣を見直し瞳のストレッチを行うと良いでしょう。また、食生活にフルーツやルテインの多いブルーベリーなどを取り入れ、魚を食べるようにすれば老眼を改善することが出来ます。

詳しく見る

視力低下を防ごう

女性

老眼は日々のトレーニングやちょっとした気遣いで、予防や進行を遅らせることができます。遠くと近くを交互に見る、眼球を回す、目の開閉などのトレーニングを行い、紫外線対策も心掛けて、目の健康と視力の維持を心掛けていきましょう。

詳しく見る

目の健康を維持する

メガネ

老眼は加齢とともに出てきてしまう症状なので予防をすることはできないと考えられています。しかし目を酷使しない、休ませるということを取り入れるだけで発症を緩やかにすることはできるので、生活に取り入れるとよいでしょう。

詳しく見る