文字が見えづらい時

中年女性

加齢による症状

目の水晶体が加齢によって硬くなったり毛様体筋がゆるんできたりすると、老眼になり近くの物や新聞の文字が見えづらくなって来ます。これらは誰にでも起こりうる身体の老化現象ですが、朝起きてから寝るまでの生活習慣を改善すると予防することも可能です。瞳のストレッチとして近くや遠くを交互に見たり、眼球を意識して回したりする運動を行うと、毛様体筋が鍛えられリフレッシュする効果が期待出来ます。また、口にする食べ物の内容を見直すことも、老眼の予防につながりますから、積極的にルテインやアスタキサンチン、ビタミンCやB1が入った食材を取り入れると良いでしょう。ルテインは、ブルーベリーやビルベリーなどの果物に多く含まれており、冷凍食品でもサプリメントでも購入することが可能です。アスタキサンチンは鮭などの魚に多く含まれており、和食の定番ですから焼き魚などにして食事に取り入れやすい食材です。それに合わせて新鮮なフルーツをデザートで食べれば、それだけで老眼の予防につながりますし、健康的な食事内容になります。また、家の外に出る時には紫外線に気を付けて、サングラスをしたり眼鏡をしたりすることで予防につながります。もしも老眼の疑いがある時には、無理をしないで老眼鏡をかけて瞳の負担を減らすことが、進行を遅らせたり改善させたりするためには大切です。視力を矯正しないで生活をすると眼精疲労により、たくさんの負担を体にかけることになり、肩凝りや腰痛が悪化することがあります。最近では眼鏡屋さんに行けばオシャレな老眼鏡もたくさんありますし、遠近両用の眼鏡も販売されていますから安心です。