初期ではどんな感じなのか

目

注意すべき症状

目も加齢とともにダメージが加わっていきます。加齢によって現れる目の症状の中に老眼があります。老眼はどんな症状なのか知っておくと、ちょっとおかしいと感じた時にすぐに対応をすることができます。また症状が現れ始めた時に対策を取ることによって、進行を緩やかにすることも可能です。完全に予防をすることはできませんが、それでも少しでも進行を緩やかにすることができれば、老眼対策にもなるでしょう。老眼は目のピントが合わせにくくなる症状です。近くが見えにくくなる、というのが最初に感じる症状でしょう。少し離すことによって見えやすくすることもできますが、これは目のピント調節機能が衰えているからこそ出てくる症状です。目のピント調節機能が衰えることを予防する、というのはかなり難しいです。しかしちょっとおかしいと感じた時に目を休めるような工夫をすると負担を軽減させることができます。老眼だと感じたとしても、それを認めたくはないという人は多いです。若いころ、視力が良かった人は比較的早くに症状が出てくると言われています。目を休ませる、負担をかけないようにする、ということが予防につながるということはあるようです。今まで平気だったことが、普通に見えていたものが見えにくくなった、ということであれば、早めに眼科を受診して専門医に相談をしてみるのもよいでしょう。そうすることで点眼薬などで予防をする提案をしてくれることもあります。