目を酷使するネット社会

視力検査

目の老化にトレーニング

歳をとるにつれて人間の身体は衰えていきますが、目もその例外でありません。新聞や雑誌の細かい字が読みづらくなったり、パソコンや携帯端末の画面を見続けていると目がしょぼしょぼしたりして目を逸らすようになります。このように、最近のネット社会でパソコンや携帯端末を利用する機会が増えている多くの人は目を酷使しているので、水晶体周辺の毛様体筋が衰えているわけです。このため、この筋肉の収縮する力が弱まり、水晶体の厚さ変更が不十分になって、近くのものを見ようとしてもピントが合わず、ぼけて見えるようになります。この目の老化現象が老眼ですが、こうした現象が現れても我慢してそのまま生活していると肩こりや頭痛が起こり、食欲不振になってしまうほどです。ひどくなる前に視力に合った老眼鏡をかける必要がありますが、目のトレーニングをすると老眼の進行を遅らせたり、予防したりすることができるようです。身体のトレーニングでも筋肉を動かして老化を防ぐ効果があるのと同様に老眼の予防には毛様体筋を動かすと良いと言われています。そこで、パソコンや携帯端末の画面を見続けていないで、時々、遠方を眺めたり、上下左右をぐるぐると見渡して眼球を動かしたりすることが予防法として代表的な方法です。また、目を閉じたり、開いたりすればこの筋肉を動かすことになります。こうしたトレーニングの他に身体全体のアンチエイジングに良いとされる抗酸化物質を多く含む食材をせっせと食べれば目の老化予防にもつながります。